右に曲がってワオ!

 レトロ!おもしろいスポット!ガールズポップ!アニソン!  ゲーム実況もやってるョ!

赤山地下壕跡 Part.3

赤山地下壕跡もいよいよ見学可能の箇所最深部……ダークドレアムがいるとしたらこの部屋です

 

 

まぁ道路に面していてピカー!ですが

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190617072338j:image

さてさて、そんな最深部の部屋には文明の名残が・・・

 

 

おや?

 

 

f:id:HAYAMINE:20190617072333j:image

そうです、前回少し触れた、

「ここで作られていたもの」それは、キノコだったのです

 

 

受付の方の話によると、ここが使用されなくなった後に、おじさんが住み着き、

キノコをニョキニョキさせていたのです

 

今は綺麗にされた壕内の見学箇所も、退去(?)してもらう時には様々なものでゴッチャゴチャ

 

古いビンやサントリーの昔のロゴが描かれたビンケースが柵の向こう側に転がっているのを見学中見かけました

 

どこにでも変わった人はいるんだな〜

なーんて思いつつ家に帰って調べてみるとこんな記事が…

www.tokyo-np.co.jp

 

 

歴史は何処にでも誰にでもあるんですね

当たり前ですが・・・

危うく変わったおじさんが暮らしていた、それだけで終わらせる所でした

ちょっとしたことも掘り下げていくと理由があるのですね

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190617132009j:plain

壁はビンカンです

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190617132205j:plain

お隣にはこんなお部屋が

 

 

f:id:HAYAMINE:20190617132243j:plain

突然ですが僕、ゲーム実況もしているのですが、

以前プレイしたトワイライトシンドローム究明編の【第八の噂:錆びた穽】を彷彿とさせますね

www.nicovideo.jp

 

 

f:id:HAYAMINE:20190617132934j:plainf:id:HAYAMINE:20190617132943j:plainf:id:HAYAMINE:20190617132953j:plain

帰りしなに見つけたこの穴、覗いてみるとオオゲジさんたちが8匹くらい集まって雑談をしていましたヤメテ!!!!

 

 

f:id:HAYAMINE:20190617133654j:plain

そんなこんなで無事生還!道中、こうもりくんを一匹見かけました

 

 

館山を訪れた際はぜひ覗いてみてはいかがでしょうか?

200円で普段とは違う感覚を味合うことができますョ

googleストリートビューでも中を探索できますが、実際に肌で感じるのは違いますね!

goo.gl

 



 

ここ最近、地方に足を運び、その地域の方に話を伺うことが多いのですが、とても充実した時間を過ごしていると実感しています

 

ネットで検索した文字を読むより、その場所に行き、経験した方の言葉を聞くのはとても楽しく、とても興味深いです

 

 

さて次はどこに行こうかしら?

 

 

赤山地下壕跡 Part.2

赤山地下壕と検索窓に入れると、

候補に心霊が出てきます

さて奥へ進んでいきましょう

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519032727j:plain

f:id:HAYAMINE:20190522115834j:plain

行けない箇所はしっかりと網で区切られています

 

 

f:id:HAYAMINE:20190522124116j:plain

近づくとピカー

 

 

f:id:HAYAMINE:20190522120017j:plain

網の向こう側はこんな感じ

見やすいようにセンサーライトが付いていますが、消えてしまえばまっくら・・・

 

 

f:id:HAYAMINE:20190523121113j:plain

f:id:HAYAMINE:20190523121118j:plain

いつも電話番がうまく想像ができないんです

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190523122343j:plain

まるで迷路

連続してる左側への通路はすべて少し進んだら行き止まりになっていました

 

 

f:id:HAYAMINE:20190523122852j:plain

f:id:HAYAMINE:20190523122907j:plain

ボッケボケですがこんな感じ

奥に行くのをためらってしまう暗さ・・・

 

 

f:id:HAYAMINE:20190523123106j:plain

例の奥から振り返って

天井にはオオゲジがあちらこちらに・・・

 

ゲジ - Wikipedia

虫苦手な方は気を付けてネ!

 

 

f:id:HAYAMINE:20190523123719j:plain

f:id:HAYAMINE:20190523124014j:plain

何回分のつるはしの跡でしょうか・・・すごい数

針の山地獄を想像してしまいますネ

 

 

f:id:HAYAMINE:20190523124859j:plain

緑でちょっとHave a break

 

 

 

お気づきだと思いますが、美しい地層もここの見所です!

f:id:HAYAMINE:20190523124749j:plain

f:id:HAYAMINE:20190523124754j:plain

f:id:HAYAMINE:20190529125915j:plain

掘り進めて出来上がるマーブル模様

それにしても静か・・・

 

 

f:id:HAYAMINE:20190523125119j:plain

本当にズレるんですね!

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190520010703j:plain

赤山地下壕跡と言ったらこの部屋!

覗くだけで入れないので心に焼き付けましょう

 

 

f:id:HAYAMINE:20190529125622j:plain

光が・・・

見学できるコースの折り返し地点が見えてきました

実は道路に面しているんです

 

 

f:id:HAYAMINE:20190529130023j:plain

静かな地下壕内に響きわたる車の音が不思議です

受付の方の話によると、山の至る所に入り口があるとか

 

 

 

終戦後、ここが閉鎖され、それから更に数年たったある時、おじさんが住み着き、あるものを作っていました

その話はまた次の機会に

 

 

 

 

その地へ赴き、実際に地域の方に話を聞くと、教科書やメディアで知ることの出来きない、リアルさがありますね

 

 

 

また次回・・・

f:id:HAYAMINE:20190529133345j:plain

 

 

赤山地下壕跡 Part.1

今回、フェリーに乗って向かうは千葉県の下の方にあります館山

千葉の下って遠くてなかなか行かないんですよネ

事前に調べて興味深い所も見つけたし、楽しみ!

 

でも・・・

 

 

 

・・・じゅ、ジュリー・・・じゃなかったフェリー・・・緊張しすぎて間違えちゃった・・・

高速船なんて初めてだけど・・・怖くないかしら・・・

 

 

 

竹芝港発~館山経由~伊豆大島行き

・・・平日だし予約なんてしなくても大丈夫でしょう!

平日だしね

 

 

 

 

・・・でも一応予約しておこう・・・ピポパ、もしもし?オレオレ~

 

 

そして当日・・・

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519012729j:plain

ゾロゾロ・・・

 

あぶねぇ!!!

平日なのに乗船前はこんな状態!!

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519013443j:plain

f:id:HAYAMINE:20190519013446j:plain

船内もこんな状態、いっぱいだな!!

実は僕が利用した期間は、大島行きの、フェリーが館山に寄り道する特別運航期間だったのです!

にしても館山にみんな行きた過ぎでしょ!!

 

 

隣のおばちゃんが僕の席に荷物を置きながら座る準備をしてなかなか座れなかったり、

おなか痛くてしばらくトイレに入っていたりしながら、

 

 

 

 

 

「館山到着しました」

 

 

そんな文字がディスプレイに表示されるも、誰一人として席を立たず

「(船を降りる準備中かな?)」 

 

 

しばらくして、船員の方が、

「他に館山で降りる方いませんか~?」

 

 

 

え、俺以外、全員大島目指してんの!?

思わず俺って言っちゃった!

降ります!降ります!!

玄人の中で素人があたふたするシーンあるよね!それそれ!!

逃げるようにフェリーを後にしましたとサ 

 

 

 

ちなみに高速船は全然怖くなかったです

よかった~

 

 

 

大島から通勤でフェリー通ってたりするのかな?

f:id:HAYAMINE:20190519014942j:plain

本来到着する場所は工事中とのことで、もう少し南側にある港へ着きました

目的地が近くなったのでラッキー!!

それにしてもすごいカラーリング、ハイキュー!!思い出しましたよ

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190520011638j:plain

お皿になる瞬間なんかあったかしら?かっぱも毛の量に悩んでいるんだね・・・つミノキシジル

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519015612j:plain

アルテミスが好きでした

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519015700j:plain

訳わかんないアングルだけど赤山地下壕跡の文字が見えてきました

目的地はもうすぐそこです!

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519020032j:plain

0.1km

ね?すぐそこでしょ?

100m走はめちゃくちゃ長く感じたけどネ

 

 

 

そして到着・・・!

 

 

 

受け付けは生協のような少々お堅そうな建物

f:id:HAYAMINE:20190519020620j:plain

こちらは受付終了後、地下壕入り口付近から撮ったものです

受付の方はとても気さくで、見学終了後しばらくお話をしてしまいました

 

 

ヘルメットと懐中電灯を借りて、すぐ裏の地下壕跡へ向かいます

 

 

 

  

f:id:HAYAMINE:20190519021039j:plain

地図からもわかるように結構複雑に作られた壕内(赤線)、

迷わない様に見学できる個所は一本(黄色線)になっています

 

 

www.city.tateyama.chiba.jp

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519021445j:plain

入り口

ここからダンジョン探索の始まりです!

ぶちスライムくらいならイケます!!

オニオーンは・・・残念ながらダメでしょう

ブーメラン欲しいネ

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519021555j:plain

気のゆるみは命取り、とは言いすぎですが転倒と頭上には気を付けましょう

 

 

心の準備はOK、レッツらゴー!

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519021852j:plain

ワオ!

静か、ひんやり、そしてロンリー

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519022018j:plain

入り口の方に向かってパチリ

 

 

 

 

こんなのもありましたョ

f:id:HAYAMINE:20190519022111j:plain

f:id:HAYAMINE:20190519022340j:plain

撤去されてしまった後では説明がとてもありがたいですね

 

 

 


f:id:HAYAMINE:20190519023129j:plain

ちょっとイイ感じなんじゃないかな?って思って撮ったんですが、そうでもないです、ハナクソです、終了

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519023234j:plain

ファースト通路、ワクワクしませんか?

天井が低いので頭上注意で

 

 

振り返ってみて

f:id:HAYAMINE:20190519023601j:plain

f:id:HAYAMINE:20190519023803j:plain

入り口でこの見ごたえ!!

 

 

 

ここから進入禁止エリア多発!気になる!!

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190519032727j:plain

ヒュー!非現実的な空間!!

粗めの網で封鎖された四角い窓の空間を覗けば

 

 

 

ギャア!!

オオゲジたっぷり!!!

道を外れるとイイ事は無いようです、

赤山地下壕跡にしても、人生にしても・・・

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190520010353j:plain

アレが例の窓です・・・

 

 

 

 

 

次回、どんどん行くゼ!

f:id:HAYAMINE:20190520010703j:plain



 

中銀カプセルタワービル Part.2


前回に引き続き、中銀カプセルタワービルを散策していきます、今回は居室内!

 

f:id:HAYAMINE:20190512040749j:plain

見学させてもらえるのは真っ青な床が眩しいこちらの部屋

備え付けられているものも当時のまま、プレーンに近い状態です

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190515122801j:plain

細胞の核を連想させるような印象的な丸窓は二重構造、

・・・ですが外側は開かない仕様・・・!

窓と窓の間にオリジナルのブラインドが入っていたとか

二層式洗濯機の脱水の蓋を思い出した、そんな窓となっております

 

 

f:id:HAYAMINE:20190515123635j:plain

こちらのお宅が当時のものに近いかもしれませんね

 

 

それにしてもこれほど注目を集める集合住宅・・・

カーテンは必須ですね

外にいた数分の間でも、外国のファミリーや一眼を持った方が何名も写真を撮っていました

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190515124113j:plain

端から端まで昭和!

電話、デジタル時計、ラジオ、テープデッキ、ステレオ・・・テープ以外はスマホで事足りてしまいます

ふんわりと学校の放送室の匂いが漂ってきた気が

 

 

f:id:HAYAMINE:20190516122937j:plain

説明が英語で、子供の頃は家のステレオをどういじっていいか分からなかったものです

 

  

f:id:HAYAMINE:20190515132413j:plain

お部屋のタイプはスタンダード、デラックス、スーパーデラックス

タイプによって付属品が異なっていました

シャギーと言う言葉がなんか懐かしい気がします、なんかね

 

 

f:id:HAYAMINE:20190518131702j:plain

床や壁紙、天井の色も選択可能

オレンジを主調に!ビタミンカラー!!

 

 

f:id:HAYAMINE:20190516123431j:plain

閉じている壁を開けば机に早変わり

オプションの電卓はここの端に設置されていたようです

ビジネスに特化した造りですね!

 

 

f:id:HAYAMINE:20190516124214j:plain

イケメンがほんのり写っていますネ!

はなきんデータランド見たいからチャンネル回していい?昭和じゃないケド

  

 

グループでの見学会だと、部屋の写真撮りづらいんじゃない?

と思いましたよね、僕も思いました

大丈夫!参加者は順番にお部屋の写真撮影タイムをいただけます!

でも肝がミニな僕なので、人が待ってると思うと焦ってしまいました

 

 

 

こちらはユニットバスの扉f:id:HAYAMINE:20190516124743j:plain

楕円形なのがレトロフューチャー

 

 

 

 中へ

f:id:HAYAMINE:20190516125040j:plain

なんだか使いづらそうな棚・・・

棚だよね・・・!?

入れたらゴチャついちゃうよ! 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190516125144j:plain

湯船の中から

こちらのハンドルはシャワー専用かな

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190516125845j:plain

こんなところにトイレットペーパーホルダーがあるんですよ!湿気でしわしわにならないかしら・・・

小さい居室なのでスペースをうまく使う工夫がチラリ

 

 

f:id:HAYAMINE:20190516125938j:plain

こちらはおトイレ

座れば心落ち着きそう

右の丸いのは灰皿で、下にトラッシュボックスがあります(手前のくぼみは石鹸置き場)

 

  

 

 

・・・さて、全員の撮影が終わり部屋を後に

黒川紀章氏の事務所で働いていた方のお部屋へ向かい、お話を伺えるという時間も設けられています

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190517122756j:plain

f:id:HAYAMINE:20190517122930j:plain

f:id:HAYAMINE:20190517123054j:plain

扉もそれぞれの事情がありそうですね

カプセルによってはオーナーが放置していて草も生え放題だとか・・・

 

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190517125937j:plain

室外機を置く場所がないのでホースを延ばして共用部に置いています

 

 

f:id:HAYAMINE:20190517130140j:plain

見えそうなお部屋はしっかりと見えないように

 

 

 

お話を伺いにお部屋へ

f:id:HAYAMINE:20190518140106j:plain

黒川紀章氏に関する書籍が色々置いてありました、購入もできます

レアな曲も聴かせていただきました・・・どんな曲かは実際に行って聴いてみてください・・・!

 

気付けばこちらにもしばらくおじゃましてしまい、次のグループが回ってくると言うトコロテン方式でお部屋を後にしました

 

 

見学会終了!

 

 

f:id:HAYAMINE:20190517131007j:plain

外に出てカプセルの底です

虫をひっくり返したようなゾワゾワわくわく

配水管が漏れたら・・・ふと思ってしまいました

 

 

見学会自体はだいたい1時間弱でしょうか、もう一回行きたいな~・・・

階段を使って上から下までじっくり見て歩きたいです

 

 

 

 

おすすめの撮影ポイントは、首都高を挟んで反対側の歩道橋との事なので帰りに寄ってみました

 

 

f:id:HAYAMINE:20190517131416j:plain

f:id:HAYAMINE:20190517131656j:plain

f:id:HAYAMINE:20190517131810j:plain

カーテンにも住人のカラーが出ますね

 

 

以前は建物下に見本カプセルの展示がありました

2011年のとある展覧会でカプセルを展示したい!との要望があったのですが、

その貸し出しの条件は「カプセルを返却しない」こと

取り壊しの話が散々出ている中で見本のカプセルはもう場所を取るだけで邪魔だったんでしょうね~・・・

今は埼玉県の北浦和公園と言う所で常設されています

ネットで画像を見てみたところ、見本だけあって様々なオプションが付いていました

 

皆さんも覗きに行ってみてはいかがでしょうか?

www.pref.saitama.lg.jp

04-103.html#a3

 

 

 

 

おまけ

 

見学会に参加すると1000円で買える当時のパンフレットの復刻版

僕が参加した回の人たちはみんな買ってました、商売上手!

f:id:HAYAMINE:20190518123530j:plain

マンシオンと言うのがグッと来るぜ!!来るよな!!

 

 

f:id:HAYAMINE:20190518123523j:plain

棚の中にエアコンもあったりします

ゴミ箱をわざわざトラッシュボックスって言うあたりも微笑ましい

 

f:id:HAYAMINE:20190518123526j:plain

ロゴが可愛いんだから!

様々な居住者の方からパンフレットを借りて使えそうなページを組み合わせて作ったようです

なのでシミも汚れも印刷です!新品!

 

 

 

以上!中銀カプセルタワービルでした!

また次回見に来てネ

中銀カプセルタワービル Part.1

オトモダチが遊びに来るので、どっかないかなーどっかないかなー怖いな怖いなーって探してたら見学会を行なっていると言うことで、早速一人で見に行ってきました!

 

 

新橋に到着!!

f:id:HAYAMINE:20190512041844j:plain

有名なSL広場のある西口ではなく、今回は東口

 

 

 

 

駅前にステキなビルがありますが、

カラオケで歌いすぎて時間ギリギリなので目的地を目指しましょう!

 

 

 

 

変な形の歩道橋を渡ったら、

f:id:HAYAMINE:20190509122700j:plain

 

f:id:HAYAMINE:20190509123138j:plain

いる〜〜!!!

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190507192349j:plain

つぶつぶしてる!

 

 

 

中銀カプセルタワービル

黒川紀章が設計し、世界で初めて実用化されたカプセル型の集合住宅(マンション)である。1972年(昭和47年)竣工。

それぞれの部屋の独立性が著しく高く、部屋(カプセル)ごとに交換することも、技術的には可能な設計になっている

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

・・・あぶないあぶない、集合時間に間に合った様です!

カラオケめ〜

 

 

 

さて、 集合場所は1Fのコンビニの脇だったのですが・・・

f:id:HAYAMINE:20190509123939j:plain

閉店、ワオ!!

 

 

 

 

   

駆けつけてきた担当の方に入り口付近で自己紹介含め、

企画の趣旨や建物について簡単にお話を伺いました

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190509123406j:plain

丸と点々は駆け落ちしました、幸せになってね!

 

 

 

 

祝日なので裏口から入館

f:id:HAYAMINE:20190509124917j:plain

集合ポストも面白い!

とにかく小さい!15x15cmくらい?

お話によるとA4サイズも折らないと入らないとか・・・

ファンクラブの会報やメルカリで買ったクリアファイルが届いた日にはギャーーーー!!!

 

 

 

外から見ると1つの建物ですが、実はA棟B棟に分かれています 

f:id:HAYAMINE:20190510115259j:plain

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190510115832j:plain

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190512015719j:plain

それぞれ棟にそれぞれのエレベーターがあります

 

 

 

チン!

一昔前のものなのでエレベーターの到着も少々アトラクション

 

 

 

 

エレベーターを降りてふと横を見てみたら・・・

f:id:HAYAMINE:20190512020203j:plain

部屋の配置は螺旋階段の踊り場に配置されていて、

各棟のエレベーターを軸にくるくると階段があり、その脇に居室がある造りとなっています

 

 

 

 

まずは棟と棟の間の渡り廊下の様な場所を案内してもらいました

f:id:HAYAMINE:20190512020502j:plain

f:id:HAYAMINE:20190512020621j:plain

結構高いです

 

 

f:id:HAYAMINE:20190512020559j:plain

かわいいロゴの書いてある屋根もすぐそこ

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190512021037j:plain

隣の建物もデリシャス!

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190512031122j:plain

すぐそこに居室が!

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190512031232j:plain

居室の間は10cmほど間が空いています

理想!理想すぎます!!

・・・これは実況録るのが捗るゾ!

頭振りたい!!

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190512031446j:plain

居室の底は底はこんな感じ

年季が入っていますね

 

 

今は居室内の急騰が使えないとの事でお湯が出ない模様

お風呂は共用のシャワーか近隣の銭湯、

もしくは溜めた水を温めるツールを使ってお風呂にする手段が取られているようです

サンアート ICコントロールヒーター 900W SCH-900SC

サンアート ICコントロールヒーター 900W SCH-900SC

 

 

 

 

 

それではお部屋に向かいましょう!

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190512040930j:plain

f:id:HAYAMINE:20190512040943j:plain

AB棟それぞれの消火栓

塗装もこのような状態

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190512041101j:plain

f:id:HAYAMINE:20190512041049j:plain

 

 

 

 

 

 

次回は居室内に入っていきます!

f:id:HAYAMINE:20190512040749j:plain

 

 

神奈川のレトロ、小向マーケット Part.4

f:id:HAYAMINE:20190504163631j:plain

引き続き、小向マーケットを覗いていきましょう!

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190505121335j:plain

覗くと言いつつ、こちらは反対側の入り口の外観

サビはいつでもステキな演出をしてくれます



 

 

f:id:HAYAMINE:20190505121731j:plain

反対側から

トミーのリーも“お気に”の様です

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190505121909j:plain

落っこちてこないでネ

 

 

 

 

 

裏を覗いてみるとなんとも生活感が

f:id:HAYAMINE:20190505122027j:plain

2階の物干しスペースは陽当たりX-GUN

水色の塗装や、横に溝が何本も入っている扉が昭和を感じますね!

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190505122940j:plain

閉店してるお店はトタンでふさがれていました

 

 

 

 

 

時間もちょうどよかったので、

一番端っこのお惣菜屋さんでお弁当を購入

f:id:HAYAMINE:20190505123305j:plain

日替わり弁当

この日はからあげ弁当でした

おかずは自分好みにチョイスできるんですョ!

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190505123431j:plain

 ビンのケースに板を渡した簡易イスにてお弁当をいただくとしましょう!

お供はさっき買った強炭酸、ウマスー!

 

 

 

 

椅子からは・・・

f:id:HAYAMINE:20190505125541j:plain

向かいの店舗をくりぬいて駐車場にした天井ビュー!!

□に様々な大きさの◇が張り付いてなんだかフシギ

左のカゴはお金を入れるアレかな?

 

 

 

 

 

美味しくいただいてごちそうさまでした!

 

静かに流れる時間の中でも、お惣菜屋さんにはお兄さんからおばあちゃんまで、お客さんが結構来てました

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190428005208j:plain

よく見かけるけど、これって何なんでしょう

点検が終わったヨ、って言う証なのかな?

 

 

 

 

 

 それではそろそろおいとましましょうかね

f:id:HAYAMINE:20190507014903j:plain

f:id:HAYAMINE:20190507015113j:plain

f:id:HAYAMINE:20190507015711j:plain

さらば!

 

 

 

 

惣菜屋さんのお母さんのお話によると結構取材や撮影が来るみたいです、デビことデビット伊東の写真も飾ってありました

あっぱれ!KANAGAWA大行進!

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190507020218j:plain

近くには安定感のある屋根をお持ちのこんな建物も

残念ながら中を覗くことはできませんでしたなんでもお肉屋さんがあるとか・・・ 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190507020550j:plain

横に回ればこみやまフーズ

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190507020812j:plain

秋ですね

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190507020944j:plain

お隣のお茶屋さんも歴史がありそうです帰りは川崎駅までのんびり歩いていきましょう

 

 

 

 

初めてのブログいかがでしたでしょうか?

これからも気になるスポットなどをアップしていきたいと思いますので、実況もろともよろしくお願いいたします!

ご要望やこうしたほうがいいョ!などのご意見もお待ちしてます!

神奈川のレトロ、小向マーケット Part.3

 

f:id:HAYAMINE:20190426011739j:plain

 

前回、小向マーケットの昭和の雰囲気に圧倒されたわけですが、

そのままさらに圧倒され続けるとしましょう。

 

 

 

 


早速ですが、看板の嵐をドウゾ!!

 

 

 

 

 

沖料理?御料理?ピチピチだぜ

f:id:HAYAMINE:20190428021619j:plain

 

 

 

 

 

黄色の粒粒でジューシー度アップ

f:id:HAYAMINE:20190428021939j:plain

 

 

 

 

縦書きがオンリーワン

f:id:HAYAMINE:20190428012145j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190428012118j:plain

 

 

 

 

 

 

屋号とシンプルさがイカすぜ!

f:id:HAYAMINE:20190428014538j:plain

 

 

 

 

 

お肉とお惣菜の御用は・・・・

f:id:HAYAMINE:20190428015825j:plain

 

 

 

 

 

グローバル甘味
f:id:HAYAMINE:20190428012427j:plain



 

 

日用品のサラダボウル

f:id:HAYAMINE:20190428020244j:plain

 

 

 

 

 

 

婦人゛子供服 点々はなんだろう・・・

f:id:HAYAMINE:20190429005759j:plain

 

 

  

 

 

…しゃ、しゃしん?

f:id:HAYAMINE:20190429005529j:plain

 

 

 

 

 

 

 

通りの看板はもちろん、

各店舗の上に掲げられている看板もいい味出してます! 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190426132634j:plain

月ということもあって、黒バックで夜空を演出!

本体が消えて影だけになりつつあります

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190428230006j:plain

歴史を感じる看板です。

 

案内図を参考にすると、

森商店」の看板だったのではないでしょうか

面影が微かにありますね!

 

 

 

 

 

 f:id:HAYAMINE:20190429012948j:plain

続・歴史を感じる看板です。

 

心の目で読んでください・・・

場所的には「松月堂生菓」があった場所でしょうか

 

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190429015825j:plain

新しい看板もありました

「おしやれ」

小さい音(拗音)をそのまま書くスタイルが何とも愛おしいです・・・

 

 

 

  

とても静かなマーケットの様に見えますが、

中央の通りは近所の方の抜け道になっている様で、

自転車に乗るおばちゃん、音楽を聴く若者、

結構人通りがあります!

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190429021334j:plain

太陽光をじゅうぶんに取り入れていました

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190504161313j:plain


ポスターが空気を読んで周りに色を合わせていきます

残された画びょうたちも味アリ

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190429021609j:plain

お茶屋さんです

 

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190429022456j:plain

ちょいと古ぼけていますが・・・

人工芝に乗せるディスプレイがすごいイイ!!

お茶屋さんを明日からやるとしたら、真っ先に真似させていただきます

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190504162804j:plain

ファンシーな焼のり!

モコリンペンで書きたいですね!

 

 

 


トミー モコリンペン CM

 

 

 

 

お茶屋で海苔を扱うのは、お茶屋さんが湿気や移り香を制御するのが上手だった為、らしいですョ  諸説あり

 

 

 

 

 

 

 

ふと向かいの洋店舗の庇を見てみたところ・・・

f:id:HAYAMINE:20190429024412j:plain

こんもり!!

モコリンペンで書きたいですね!

 

 

 

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190504163631j:plain

反対側の入り口はこんな感じです

こちら側に現役のお店が集中してるのには何か理由があるのでしょうか

 

 

 

f:id:HAYAMINE:20190504163851j:plain

カラフルビロビロも懐かしいですね! 

 

 

 

 

 

 

次回、小向マーケットレポにもう少しお付き合いください!

f:id:HAYAMINE:20190504164149j:plain